書き込みをありがとうございました

徐々にレッスンが始まるようですね。マスクはもちろんのこと、消毒等に気を配らないといけないですね。

たくさんのご意見を頂きありがとうございました。

全てを掲載する事も出来ず、また、一部を削除させて頂く事もありましたが、参考にさせて頂きます。。                

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

この投稿へのコメント

  1. 匿名 said on 2020年4月30日 at 8:24 午後

    始めてここに来ました。私は労働うんぬんの知識もないので、もう駄目なんだろうな。。。と思っていました。
    皆さんの書き込みを拝見し、勇気が出る反面、絶望感にも襲われています。
    こんな力では、ヤマハには響かないのかな…と。
    明日、ヤマハから新しい発表があるそうですが。また休講延長、だけですか?

    ヤマハも駄目、共済も駄目。何のために共済にお金を取られてきたのか。
    ほとんど共済からお金をもらったことはありません。
    共済からも何かしらの保証がでるべきです。今出さずに、いつ出すの?
    10年近く共済に入っておりますが、今までのお金を返してほしい。

    勇気をもって声をあげて下さった先生方、感謝いたします。
    生徒さんのため、自分のため、他の講師の先生方のため、頑張りたいです!

    • どうしたら通じるのか? said on 2020年4月30日 at 11:10 午後

      そうです。
      共済会のお金は、一体、誰が管理されているのでしょうか?
      そして、会員資格取り消し等、誰が決定しているのでしょうか?
      ヤマハに共済会事務局がありますが、そこでしょうか?
      講師による講師の為の共済会に、ヤマハがかかわっている事自体、
      おかしいでしょう。
      自分達の積立金を、非常事態時に、自分達で動かせないって、
      どういう事ですか?
      今月、具合が悪くなり、病院にかかった先生を数名知っています。
      長年、積み立ててきたのに、それはなかった事になるんですか?

  2. 匿名 said on 2020年4月29日 at 12:25 午後

    休講が続く限り共済会会員の資格剥奪ですか?何の為の共済会ですか?皆が少ない給料の中から共済金を出してきました。
    何か困った時、きっと助けてくれると信じたからです。講師が積み立ててきたお金ですよね。今、助けてくれなくて何時助けてくれるのですか? なぜヤマハの勝手で資格停止になるのですか? こんな時こそ、共済会からの補助が必要でしょう。
    全く意味がわかりません。

    • 匿名 said on 2020年4月30日 at 8:35 午後

      本当に、その通りです。

      今、出さなくて、いつ出すの?

      今、資格が失われるって、それはもらっただけで、共済は詐欺のように思えます。

      2020.4.28
      「共済会申請の注意点」について
      先月3/31に共済会HPへ公開いたしましたご案内と考え方は同様となります。コロナ
      ウイルスの収束がまだ見えない現状をふまえ、共済会の運営資金となっております会費徴
      収がままならない状況で、今まで通り全ての給付申請をお受けすることは非常に難しく、先
      月に引き続きまして、下記一部申請のみ受理(給付)をするという、苦渋の決断にいたりま
      した。
      大変心苦しいのですがご理解を下さいますよう、何卒お願い申し上げます。

      4月のレッスン謝礼があり、5/25に共済会費の天引きがあった方は、会員資格があるた
      め、通常通りの申請が可能です。
      「健康診断補助金」「予防接種補助金」5月受診分につきましては、給付申請が出来ません
      ので、よろしければ受診延期のご検討をいただけたらと思います。

      次回の役員会では、予測不可能な緊急時の対応などにつきまして、規約も含め話し合ってま
      いりたいと考えております。

      と、ありました。

      共済の運営資金が、たったの1,2カ月程度の休講で、今までの支給にも支障がでるの?どういう会社運営をしているんだ!
      これから先の給付を講師の皆さんは期待しているのではなく、「今」に期待しているわけで、この先のことは考えず、今に保証をしてほしいだけです。

      なんだか、あまりにも先が見えず、全ての通知を、呆然と見てきましたが、変なことだらけだったのですね。

      このような事態に声をあげてくださった先生方に感謝いたします。

    • 匿名希望 said on 2020年5月10日 at 11:45 午前

      私は3月に手術入院があり、
      レッスンに支障が出ない月を楽器店に相談し、代講の先生もきっちりお願いして 計画的に3月休任しました。
      コロナの事で、共済会からの3月の病症見舞金(平均給与の9割)は出ず(何で⁉︎)、3月休任中だったためヤマハからの20%お見舞い金も出ず。
      タイミングが悪かった で済ませていいのでしょうか。悔しいです。

  3. 匿名 said on 2020年4月24日 at 7:43 午前

    今回、共済会がなんの役にも立たないこと、ヤマハの息がかかっていたことがわかって、脱会したいと思いました。でも退任でなくただの脱会なら餞別金は出ないんでしょうね。
    今回のお見舞金は共済会費から出ているのではないかと疑わしいです。
    収支報告書などただの数字で、会員は現金もしくは通帳を目にすることはないのですから、いくらでも騙せます。

    • 疑う講師 said on 2020年4月24日 at 3:12 午後

      私も、共済会には不透明な部分がたくさんあると思います。
      会計監査ってあったのでしょうか?
      あったなら、だれが行ったんでしょうか?
      剰余金 18111959円 は、本当に存在するのでしょうか?
      あるのであれば、こんな事態こそ、会員に返金すべきです。
      今後の為に、置いておいてどうするんですか?
      今がないのに、未来はありません。

    • st77 said on 2020年4月26日 at 2:14 午後

      私も10年くらい共済会費を払い続けてきましたが
      共済会の医療費補助も1ヶ月で3000円を超えた分だけ…なのでもうほとんど利用する機会もないし
      毎月2000円も引かれるのがもったいないので退会したいと思っているのですが、退会では餞別金は出ませんか…そうですよね…お給料がない今少しでもお金がほしかったのですが。
      いっそ退任してしまいたいです。

      • WHY said on 2020年4月27日 at 8:55 午後

        3月31日に共済会から出された文章の一部です。

        今回の状況を受けまして、一部会員の方から、 見舞金給付 など のご要望をいただ きました。
        共済会として 協議をいたしましたが、規約外の給付は難しいとの判断に至りました。
        大変心苦しいのですが、ご理解を下さいますよう何卒お願い申し上げます。

        共済会として協議されたのは、どなたでしょうか?
        6人の役員講師以外に、どなたかいらしたと思うのですが。
        一部会員の方から、とありますが、
        大多数の会員が、見舞金給付を希望しているのではないでしょうか?
        やはり、私達の積立金なのですから、多数決を取るとか、アンケートを取るとか、
        会員の声を聞いてから決定いただきたいです。
        私達の意向は無視されて、勝手に決められた感が強いです。

      • 誰が決めてるの? said on 2020年4月29日 at 1:23 午前

        5月も、共済会会員資格がなくなると、連絡がきましたね。
        緊急事態なんですから、規約なんて臨機応変に変更すれば良いじゃないですか?
        私達の謝礼も、臨機応変に、3月お見舞金20%、4月0と変更されるんですから。
        というより、会員資格がなくなる事が、臨機応変な変更ですよね?
        苦渋の決断とおっしゃいますが、1800万以上もある剰余金、あるんですよね?
        それを、来年度に繰り越して、意味ありますか?
        本当に、あるんですか?
        こんなに出し渋るんですから、ないんじゃないか?と疑ってしまいます。

      • 共済会講師役員様へ said on 2020年4月30日 at 9:15 午前

        6人の共済会講師役員も、ヤマハの会員停止案や、医療補助金受理不能案に対して、
        承認していただきたくなかったです。
        全会員の代表ですから、ここは何が何でも、6人団結して反対していただきたかったです。
        今月、具合が悪くて病院に行った講師は、謝礼はない、長年積み立ててきた共済会からの補助はない。踏んだり蹴ったりです。
        ヤマハサイドではなく、講師サイドに立って、動いて欲しいです。
        それとも、講師役員が反対しているのに、ヤマハが強行突破をしたのでしょうか?

  4. 匿名 said on 2020年4月21日 at 10:02 午前

    自分が今置かれている状況で出来る事をする。
    他人を羨ましがっても仕方ない。
    世界的に経済状況は厳しい。
    人に求めてばかりいても先には進まない。

    なんて格好つけてみるが来月の謝礼の振込金額は0円だ( ;∀;)
    でも生徒への連絡は自腹。
    そしてe-mailもSMSも拒否設定でメールが戻って来る。虚しい…
    SMSや電話代出ないのよ。実質マイナスだわよ。

  5. みんなの力で said on 2020年4月18日 at 9:23 午前

    私の在籍する楽器店でのコロナ感染対策に伴う休講はまもなく2ヶ月になろうとしています。ヤマハからは今回の休講に伴う生徒への連絡はお店から行うようにとの通達がありましたが、私の楽器店ではその後お店から改めて各講師から連絡をしてくださいとの要請がありました。

    休講、延長、宿題連絡、全て講師から行うとのことでしたが、こんなに長引くものとは思わなかったのでこちらも何とも思わず連絡を続けておりましたところ、4月に1度だけレッスンが再開された時に保護者の方から「連絡のためのグループLINEを作ってはいかがですか?連絡だけでも先生は大変なのではないですか?」とのお声を頂き、その後、他のクラスにも連絡を取り、私の担当する全ての生徒さんとLINEでつながることができました。

    ヤマハ本社からは、休校、延長の連絡のみ。ようやく出た家庭学習支援ももう既に宿題として出したものばかりです。

    5月からは新教材での指導だと今やっていたはずのページは全て手付かずのまま先に進むことになります。

    やむなく、今は通常のレッスン時間に生徒達と一斉にLINEグループ通話をして、宿題確認をしています。

    保護者からはオンラインレッスンを願う声もあがっていますが、楽器店からはストップをかけられました。

    今回のコロナ休講はまだまだ長引くことが予想されます。このままでは講師も楽器店の我慢もいつかは限界を迎え、講師離職者や廃業を余儀なくされる楽器店も出てくることでしょう。

    現在の状況は、今まで人類が経験したことのない最悪の状況です。ですが、この状況を嘆くだけでなく、どう立ち向かっていくことができるのかを考えたいと思います。

    保護者の皆さんも長引く休校、休講で子ども達の教育について相当な不安を抱えています。

    ぜひユニオンが全国の楽器店と手を携え、ヤマハ本社に全国でのオンラインレッスンの導入と、それに伴う支援をお願いしてください。

    ●電子機器ツールの配布
    ●オンラインレッスン研修(動画で)
    ●その他オンラインに伴う講師支援 など

    全国規模で緊急事態宣言が出され、今まで以上に大変なご苦労をされているなか、更に大変なお願いをしてしまうことになりますが、全国の生徒たち、講師たち、そしてヤマハ英語教室に携わる全ての人々の為に…。どうか力を貸してください。手伝えることは何でもしたいです。どうかよろしくお願いいたします。

  6. やっと休講講師 said on 2020年4月16日 at 2:07 午後

    やっと今日から3週間、休講になりました。
    ホッとしました。
    レッスン毎に教室を消毒して、机、椅子を消毒液で拭いて、生徒の手に消毒液をかける日々でした。
    一昨日、自宅から教室の間くらいの場所で、感染者が出ました。
    本当に近くで感染者がでないと、休講にならないんだなぁ。と思いました。
    楽器店に講師と合意した上でレッスンをしていただく様にお願いしています。
    とおっしゃいますが、小さな楽器店で、私、明日から来ません。なんて言えません。

  7. 泣き虫 said on 2020年4月14日 at 11:36 午前

    私は2月末からレッスンはしていません。無給になる今後を心配して落ち込みながら自宅でぼんやり過ごしていました。その後、休講がゴールデンウィーク明けまでの延長となり、さすがに焦りました。特約店に電話をしてお休みハガキを書くことを相談しました。お店の方は「先生にそう言ってもらえて嬉しい、宜しくお願いします」と言って下さり、受付スタッフの方がいつものお休みハガキに住所を書いて、切手を貼って私の自宅に郵送してきてくれました。そのハガキを一枚一枚テーブルの上に並べて子どもたちの名前を久しぶりに見ました「みんなどうしてるかなぁ…」「会いたいなぁ…」って思ったら涙がぽろぽろ、最後にはうぇ~んって、おさえていた感情があふれてきました。レッスンしている先生方もとっても大変そう、自宅にいる先生方も不安。みんなそれぞれのストレスを抱えています。一日も早くこの事態が終息してくれることを祈ることしか私にはできません。

    • 泣き虫2 said on 2020年4月14日 at 9:26 午後

      泣き虫さん。泣きながらコメント読ませていただきました。同じく楽器店にお願いして葉書を送る準備をしてるいる最中に緊急事態地域に指定され受付の方の安全を考慮し葉書の件は先送りになったままです。当初、2週間の休講のはずでしたので軽く考えていて直ぐまた再開でき子どもたちに会えると信じてました。それがまた2週間、3月末まで、ゴールデンウィーク明けまでと伸び伸び、、、何もフォローが出来ないままなのが気がかりです。先生のクラスの子どもたちは先生から葉書が届きほんと嬉しい気持ちでいっぱいだと思います。今となっては再開した時、変わらず子どもたちの笑顔に会える事を願うばかりです。

      同じ気持ちの先生がいらっしゃる事が不安の日々の中、救われました。

  8. 匿名希望 said on 2020年4月14日 at 10:52 午前

    レッスンをしました。驚いたことは子どもたちの精神的な成長です。このコロナを経験して「あたりまえ」と思っていたことが「あたいまえではない」ということを子どもなりに学んだようです。甘えていた子や何回言ってもCDを聞く回数が1~2回だった子が家庭学習の量を明らかに増やしてきました。「私はやるんだ!」という本人の中から出てくる気合いを感じました。涙がでます。コロナが終息したら、精神的に大きく成長している生徒さんが全国にたくさん現れる予感がします。

  9. 匿名 said on 2020年4月14日 at 9:00 午前

    政府もは30万円給付の対象を拡大します。
    その対象内ならヤマハの20%は貰わない方がよいかも。

    うちもやっと休講になりました。
    感染リスク考えるとやはり休講で良いと思う。
    収入は無くなるけどね。
    お金は後で頑張って稼げばいい。
    今は生徒も講師も安全第一❗️❗️

  10. 怒りの講師 said on 2020年4月12日 at 7:05 午後

    病院では、報道以上に、私達が想像している以上に、現場は非常に厳しい様です。
    ヤマハも、講師や生徒さんや社会を大切に思うなら、全センター休講にした方が良いのではないですか?
    少しでも月謝収入をと目先の小さい事ばかり考えず、もう少し将来の大きいスケールで、物事を考えてください。
    この緊急事態には、バシッと閉めて、社員だけを守るのではなく、講師も守ってください。
    個人事業主と勝手に呼ばれている私達だって、ヤマハに多大なる貢献してきたではないですか?
    そして、生活ができる様に、せめて、せめて6割の補償をしてください。
    6割でも十分とは思っていませんが、2割とか0とか、あり得ません。
    私達、トカゲのシッポでしょうか?

  11. 匿名希望 said on 2020年4月12日 at 3:05 午後

    レッスン再開、実施にあたって書き込みします。東日本にある某センターの講師です。レッスンに子供を通わせる保護者でもあります。
    自分の子供は、3月の一斉休講以来4月も私(保護者として)の判断で休ませています。

    先日、ヤマハの英語に通う別のクラスのママ友から相談されました。そのクラスでは、ヤマハが再開を決めたから来るのは当然、グループレッスンだから一人休まれると指導に困る。等々講師から休ませない、の圧力がすごいと悩んでいました。うちが休むことでレッスンに支障がでてみんなに迷惑かけるのは申し訳ない、でもコロナにかかるのが心配だからしばらく休ませたいとお店に相談したら「先生がおっしゃるなら皆と頑張りましょう!」と言われ休会の相談をうやむやにされて帰ってきたそうです。HP見せて遠慮なく休会していいんだよと伝えました。みなさんは大丈夫ですか?休みたい方。ヤマハが開けるから恐々レッスンしてる方。収入の為に少しでも働きたい方。色々いると思います。子供の声、保護者の声(出せない声)聞こえていますか?

    そして、会社は講師がレッスン以外のところでどれだけ身を削って対応してきたか知っていますか?このコロナ騒動をきっかけにもう頑張りきれない、、という心が折れそうな講師がどれくらいいるか知っていますか?人材は人財です。ヤマハから「お願いします」という代講や一人開講の要請がらある度に何度も応えてきたつもりですよ。自信を持ってヤマハで講師してます。と言えなくなりました。

  12. 匿名 said on 2020年4月11日 at 10:23 午前

    コロナ中に困っている事
    生徒さんへの連絡は、最初は、受付と手分けして自分の携帯からも連絡していました。ただ、そうやってお手伝いのつもりで中途半端に講師がやるのはあまり良くないと思ったので、原則通り連絡は全部センターに任せました。
    再開後の事をセンター受付さんと打ち合わせ何度もしているうちに、電話代が膨大に膨らんでいました。掛け直してもらえばよかったのかもしれませんが、こちらから聞きたい事があってかけたり、向こうからの着信に掛け直したり、ヤマハ教育部との連絡ならまだしも、それを楽器店のパートの受付さんに対して、電話代かかるからかけ直せとは言えません。
    3月も4月も再開しそうになる度に、そうやって連絡しあっていますが、それは講師の在宅勤務とは考えられないんでしょうか?会社の意向に合わせる為に、時間とお金がかかっていますが?
    生徒さんに個人的にお見舞いと宿題の指示などを兼ねてお便りを作成して郵送しました。ハガキ、切手代もかかります。勝手にだしたので、請求するつもりもないですが、そういう事している先生もいらっしゃると思います。それも在宅勤務ですよね。
    再開後のレッスンの進め方についてもかなり考えています。それも仕事です。

    個人事業主だというなら、レッスン中止や再開も自分で判断するはずですよね。
    でも、楽器店の教室を使わせてもらっている以上、それができないのは当たり前のことです。どう考えても、この働き方自体が歪んでいる気がします。
    ヤマハと楽器店と講師、この3つが対等じゃないのに、雇用体系じゃなくて、それぞれ別?命令系統もよくわからない。

    一年間の契約書にサインしてだしてしまった事を今後悔しています。
    ヤマハの社員の方もこのサイトを見る方もいると思います。
    多くの講師が、次年度の働き方を考え直しているのではないかと思います。
    次の交渉も会社のあり方が注目されています。
    ユニオンを立ち上げてくださった勇気ある先生方、支えてくださっている弁護士の先生方に深く感謝しています。

  13. 怒りの講師 said on 2020年4月10日 at 11:49 午後

    2月27日~3月20日は休講でしたが、3月21日からレッスン再開しています。
    都会ほどではありませんが、感染者は増えてきています。
    私が一番、腹が立つ事は、4月3日の講師サイトの発表の中にある一文です。
    「各特約店・会場には、レッスン実施が可能となった場合でも、周辺状況を考慮するとともに、お客様の心情にも配慮いただくようお願いしております。また、レッスン実施の決定にあたりましては、事前に講師ともよくご相談し、合意が得られた上で実施いただくようお願いしております。」
    これ、ヤマハは完全に逃げていますよね。
    ヤマハの命令でレッスンさせてるのではありませんよ。
    何かあっても、こちらには非はありませんよ。
    特約店との合意の上で、レッスンされたんでしょう?
    と言える様に、伏線を張ってるんですよね?
    私達には、労災もありませんし、特攻隊の様な物です。
    これで、東京、大阪の事務所は閉めて、在宅勤務で、お月謝の1/3持っていくんですか?
    危険業務手当をプラスしていただきたいくらいです。
    レッスン毎に、教室も生徒達の手も消毒しますし、
    長テーブルを追加して、生徒同士も放してレッスンしています。
    マットクラスは、近づくなと言っても無理です。
    マスクをしてこない子もいますし、していても苦しいので、すぐにあごまでずらしてしまいます。
    ヤマハから感染者が出るもの、時間の問題の様に思います。
    ヤマハとしては、リスクの少ない会場では、せいぜい注意を払いながら、政府が止めるまでは、できるだけギリギリまで働いて下さい。
    何かあっても自己責任ですよ。くらいの物でしょう。
    もし私が感染すれば、〇〇市の英語教室、〇〇代の講師、とかニュースにされて、
    この辺では、すぐに誰かとわかってしまいます。
    感染者が悪い訳ではなくても、楽器店を閉める。音楽教室も休講になる。音楽講師、生徒さんにも迷惑がかかる。家族は濃厚接触者として隔離される。と、すごく悪者になる気がします。
    つくづく、つくづく、改めて、何度でも、中途半端な働き方をさせられている。と痛感します。
    一刻も早く、雇用化していただきたいです。

  14. 無給自宅待機2ヶ月講師 said on 2020年4月8日 at 9:50 午前

    緊急小口貸し付けのための面談に行ってきました。この緊急事態宣言が出るか。。と言う日に。
    書類に記入。2月分と3月分の明細を持参してくれとの事でしたが、3月分はまだ送付されてないと話すと、差額を見ないと申請は難しいと言われました。ただ他県の先生で申請できた旨を話すと、どこかの事務所に連絡。ヤマハの英語教室講師と言ったら即、この書類でOKとなりました。
    この意味わかるでしょうか。。。おそらく全国で申請に行ったり、相談に行ってる先生が多いということだと思います。
    後日、住民票、印鑑証明なども取得に役所に行き、そして福祉事務所に出向きます。感染覚悟です。
    そんな中、なぜ申請に行くか?会社がきちんと補償してくれないからです。
    ここで申請して送金されても、一回こっきりの10万円。それで生活できるでしょうか?
    1ヶ月分の補償もできずにこれだけの講師を集めている会社はおかしくないですか?
    今回は引き留めて、引き留めて。。。。補償はあれだけ。
    20%の根拠と適切な対応を求めます。
    4月分もどうなってるんだろう??放置されてますね。。。講師たち。

  15. 怒りの講師 said on 2020年4月7日 at 10:58 午後

    今まで、レッスンは当たり前ですが、グレードテスト、まとめテスト、KIDS&ENGLISH、発表会、講師研究会、etc.ヤマハのいう通りに協力してきましたよね。
    時間外でも、無給でも、家に持ち帰っても、頑張ってきた講師ばかりだと思います。
    それが何なんですか?
    講師サイトに一方的に連絡してきて、20%ですか?
    4月からは、どうなるんですか?
    いち早く説明するのが、会社の責任でしょう。
    4月に入って、もう1週間以上経ちますよ。
    逃げていないで、全講師が納得できるように、キチンと説明して下さいよ。
    こんな扱いされて、ずっと働いていこうと思えるとお思いですか?
    ご自分の給料が、いきなり20%にされたら、どうですか?
    よく、心を育てましょう。なんて言えたものですね。
    講師をバカにするのも、いい加減にして下さい。

  16. taco said on 2020年4月7日 at 8:58 午後

    首都圏の講師です。2月末からのレッスンストップ。3月全て休講。お見舞金20%? 強制的にストップさせられて、自分の生活は自分で守ってくれですか? 我々も月々の収入をあてにして生活しているのです。あまりにも非情な通知に泣きそうになりました。今日また5月連休明けまで休講との連絡があり、茫然です。状況的にはしょうがないと思います。3月4月収入無しでしょうか。これはあまりにも酷すぎますよね。

  17. 元講師 said on 2020年4月6日 at 6:02 午後

    元講師です。去年講師を退任しました。辞める事を決めたぐらいに労働組合を結成した事を知りました。当時、同期講師の中でも話題になりみんな勇気をもらっていましたが、大企業相手に同期講師のほとんどが恐れていました。なので当時加入を決めた講師は少なかったと思います。辞めてからも生徒の保護者とは連絡をとっているので、今回コロナウィルスのヤマハの対応を知りました。講師に対して誠意が全くないと感じ辞めた身としても悲しくなりました。見舞金20%ありえません。講師のほとんどが家庭を持っていて、小さいお子さんがいる講師もいます。3密の環境に講師と生徒を置くなんて、教育の場としてヤマハはなんとも思わないのか憤りを隠せません。今回のウィルスへの対応もかなり遅いみたいですね。何事も現場任せにした結果だと思います。

    講師の皆さんが働きやすくなるよう願ってます!講師の皆さんが仕事が好きで生徒が好きだという事、私は知っています。本当に少ないですがサポートしました。頑張ってください!

    • 匿名 said on 2020年4月8日 at 11:05 午前

      元講師様

      この度はご支援ありがとうございます。
      ユニオンを代表してお礼申し上げます。
      私も小さい子供のいるママ講師です。
      講師目線・母親目線両方で考えてみてもレッスンを再開しようとしている会社に不信感たくさんです。
      心折れそうな気持ちになることもしばしば…
      そんな心境の中でこのように応援してくださる方がいらっしゃる事、心救われます。
      本当にありがとうございました。
      元講師様もお身体、十分にお気をつけくださいね。

      ヤマハ英語講師ユニオン 会計より

  18. カルカル said on 2020年4月6日 at 5:35 午後

    雇用されていて社員であれば休業手当として会社は6割以上を支払う必要がありますが、
    ここでも個人事業主扱いのデメリットが浮き彫りになりましたね。

    個人事業主である現状がそもそもの元凶だと思いますし、実態とかけ離れていて一刻も早く是正されるべきだと思います。
    活動応援しています。頑張ってください。

  19. 1103 said on 2020年4月6日 at 12:06 午前

    コロナによる休講。しかたのないことだと思う。会社は、講師支援策を考えるので、しばし待てと。しかし、3月1ヶ月の休講に対して20%のお見舞い金を差し上げるときた。お見舞い金?差し上げる?
    4月も休講が決まった。4月分はどうなるの?
    会社から指揮命令を受けて仕事(レッスン)して、賃金は給与所得として年末調整、私たちの働き方の実態は雇用=労働者。労働者なら労働基準法の下に最低でも60%支給される。雇用されていればレッスン中にけがや病気をしても労災も適用されるのに、、、
    レッスン休講も再開も会社が決める。これでも個人事業主と言えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA